« 大津市が中核市へ移行 | トップページ | 環境と自治創造フォーラム »

2008年10月15日 (水)

環境と自治創造フォーラム

 10月12日に、ピアザ淡海において、嘉田滋賀県知事と松沢神奈川県知事の対談が行われました。

 環境問題に積極的に取り組む両知事は、「地域の特性を生かした産業力」と「県民らによる協働力」がカギになるという点で合意し、県民の環境保護活動への積極的な参加を呼びかけました。

 また、嘉田知事は、「家庭の二酸化炭素削減量を数値化するようなプロジェクトを、この秋にも提案したい」と述べられました。

 松沢知事は、以前インタビューで、「神奈川県をどんな県にしたいですか?」という質問に対して、「日本一住みやすい県にしたいです」「日本で家を買うなら、神奈川県にしたい、と言ってもらいたいです」「そのためには、いろいろな条件が必要だと考えています。まずは、治安がいいこと、犯罪者だらけの町に住みたい人なんていませんから」と答えられています。

 神奈川県は、ボランティア活動がすごく盛んで、防犯活動にも積極的に力を入れています。

|

« 大津市が中核市へ移行 | トップページ | 環境と自治創造フォーラム »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大津市が中核市へ移行 | トップページ | 環境と自治創造フォーラム »