« 大戸川ダム問題1 | トップページ | 大戸川ダム問題2 »

2008年11月11日 (火)

大戸川ダム問題2

 今後、国だけでなく、すべての地方公共団体(県・市)において、経済と人口が右肩下がりになり税収が減少していきます。税収が減っていくにもかかわらず、現在の行政サービスレベルを無理して維持しようとすると、借金が膨れ上がり、いずれ財政が破綻します。

 住民は、次の選択をしなければいけません。
(1)税収の減少に併せて、行政サービスレベルが下っていくことを我慢する。
(2)行政サービスレベルを維持するために、納付する税額を上げる。
(3)行政サービスレベルを維持するために、自分達でできることは自分達で行う。

 そして、住民は、地方公共団体(県・市)が無駄な支出をしていないか、身の丈に合った事業を行っているかを、きっちりとチェックしてくれる県議会議員・市議会議員を選出しなければいけません。

|

« 大戸川ダム問題1 | トップページ | 大戸川ダム問題2 »

滋賀・大津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大戸川ダム問題1 | トップページ | 大戸川ダム問題2 »