« 志賀小・長等小の歴史 | トップページ | 市町村合併の歴史 »

2008年12月19日 (金)

志賀小・長等小の歴史

 続いて、志賀小学校と長等小学校の歴史です。

志賀小学校
  明治19年 : 錦麓学校と花園学校が統合され、簡易科志賀
           小学校となる
  明治22年 : 簡易科志賀小学校が簡易科滋賀第一小学校
           と改称
  明治25年 : 簡易科滋賀第一小学校が滋賀尋常小学校と
           なる
  明治32年 : 山口尋常小学校と統合して、滋賀尋常高等
           小学校となる
  昭和 7年 : 滋賀尋常高等小学校が大津市大津北尋常
           高等小学校に改称
  昭和12年 : 大津市大津北尋常高等小学校が志賀尋常
           高等小学校に改称
  昭和16年 : 志賀尋常高等小学校が志賀国民学校に改称
  昭和22年 : 志賀国民学校が大津市立志賀小学校に改称

長等小学校
  明治18年 : 長等学校と修道学校が統合される
  明治19年 : 長等学校が大津学校第一支校に改称
  明治19年 : 大津学校第一支校が簡易科大津第一小学校
           に改称
  明治25年 : 簡易科大津第一小学校が大津西尋常小学校
           に改称
  昭和16年 : 大津西尋常小学校が長等国民学校に改称
  昭和22年 : 長等国民学校が大津市立長等小学校に改称

 なぜ、県・市町村・小学校の統合・改称が行われたかを調べると、日本近代の歴史を学ぶこともできます。また、県・市町村の合併の歴史を学ぶことが、今後の地方分権・道州制導入の是非を考えるうえで重要です。

 自分達が暮らす地域の歴史を調べると地域に愛着がわきます、そして地域に愛着がわくと地域を大切にしよう守ろうという意識が芽生えます。その気持ちが防犯活動にもつながります。

|

« 志賀小・長等小の歴史 | トップページ | 市町村合併の歴史 »

滋賀・大津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 志賀小・長等小の歴史 | トップページ | 市町村合併の歴史 »