« 「ふなずし」の効用 | トップページ | 1月24日 夜間巡回 »

2009年1月23日 (金)

「ふなずし」の効用

 滋賀県草津市内にある民間会社の食品安全研究所が、滋賀県名産の「ふなずし」の乳酸菌の一種が、悪玉コレステロールを低下させる作用があることを臨床試験で確認しました。

 「ふなずし」由来の乳酸菌「NLB163」を6週間摂取し続けた結果、悪玉コレステロールが試験前より減少し、副作用もなかったそうです。

 試験に使った乳酸菌はこれまで、「ふなずし」からしか見つかっておらず、動脈硬化が原因の心筋梗塞や脳梗塞の発症リスク低減が期待できるそうです。

 追伸) 12月20日の西大津防犯の忘年会で、ある会員さんが「ふなずし」を持ってきてくださり、非常に身が柔らかい「ふなずし」で、おいしくいただきました。

|

« 「ふなずし」の効用 | トップページ | 1月24日 夜間巡回 »

滋賀・大津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ふなずし」の効用 | トップページ | 1月24日 夜間巡回 »