« 景気回復から経済成長へ | トップページ | 警察犬指導員嘱託式 »

2009年4月18日 (土)

守山養護学校大津校舎

 滋賀県立守山養護学校大津校舎は、大津赤十字病院の敷地内にあり、同院で病気やケガのために入院治療中の子どもたちが学んでいる学校です。

 その大津校舎の敷地借地期限が平成21年12月に迫り、また老朽化が進んでいることから取り壊しが決まっており、存続問題が進行していましたが、「入院しながら学べる大津校舎を守る会」の運動と、大津赤十字病院の協力により、病院側から代替教室の候補場所が提示され校舎の機能を存続する方針を、滋賀県教育委員会が3月に明らかにしました。

 校舎の機能を存続する方針を県教育委員会が明らかにしたことにより、同院に入院中の子ども達の教育を受ける権利が守られました。
 元気な子どもも、いつ病気やケガにより、長期入院を余儀なくされるかわかりません。

|

« 景気回復から経済成長へ | トップページ | 警察犬指導員嘱託式 »

滋賀・大津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1001936/30643847

この記事へのトラックバック一覧です: 守山養護学校大津校舎:

« 景気回復から経済成長へ | トップページ | 警察犬指導員嘱託式 »