« 琵琶湖博物館 | トップページ | 6月27日 夜間巡廻 »

2009年6月26日 (金)

住宅街に防犯カメラ設置

 6月25日に、警察庁は大津市を含む全国15地域の住宅地にカメラを設置し、機材や映像データの管理を住民の防犯ボランティア組織に委託し運用することを発表しました。警察は全国の繁華街に363台のカメラを設置していますが、住宅街への設置は初めてで、全国 15地域に25台ずつ設置する予定です。

 警察庁は、「住民自身が安全確保の担い手になるため、住民側(防犯ボランティア組織)と運用方法を協議する」「プライバシー侵害への懸念や、犯罪抑止への実効性などの問題を住民自身が議論し、具体的な運用方法を決めるモデルケースとしたい」としています。

 カメラを設置する15地域を含む自治体は次のとおりです。

 宮城県東松島市・栃木県小山市・埼玉県戸田市・東京都東大和市・東京都武蔵村山市・静岡県藤枝市・滋賀県大津市・大阪府寝屋川市・兵庫県姫路市・和歌山県岩出市・岡山県岡山市・広島県広島市・徳島県徳島市・福岡県福岡市・鹿児島県奄美市

 追伸)、なぜ全国からこの15地域が選ばれたのか、ご存知の方は教えてください。

|

« 琵琶湖博物館 | トップページ | 6月27日 夜間巡廻 »

防犯活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1001936/30643907

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅街に防犯カメラ設置:

« 琵琶湖博物館 | トップページ | 6月27日 夜間巡廻 »