« インフルエンザワクチン | トップページ | グリーンパーク想い出の森 »

2009年8月30日 (日)

琵琶湖西岸断層帯

 政府の地震調査委員会は、2009年8月27日に、琵琶湖西岸断層帯の地震発生確率を見直しました。前回の公表は2003年です。

 断層帯を北部(旧マキノ町から高島町)と南部(旧高島町から大津市)に分け、今後30年以内の発生確率を、北部で最小1%から最大3%と国内で確率が高いグループと位置づけ、南部はほぼ0%としました。

 嘉田知事は、「県内には多くの活断層があり、過去に発生確率が低いとみられていた地域(新潟県中越等)で大きな地震が起きている。断層帯全体が同時に活動する可能性は否定できず、県の被害想定に変更はない。」としています。
 

 

|

« インフルエンザワクチン | トップページ | グリーンパーク想い出の森 »

琵琶湖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1001936/31186897

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖西岸断層帯:

« インフルエンザワクチン | トップページ | グリーンパーク想い出の森 »