« 比叡山紅葉まつり | トップページ | 日高敏隆氏死去 »

2009年11月25日 (水)

琵琶湖塾 5

 本日、今年度第5回目の琵琶湖塾が、滋賀県立大学(彦根市)で開催されました。本日のゲスト講師は、百マス計算で有名な陰山英男(かげやま ひでお)氏でした。陰山氏は、現在、立命館小学校副校長・文部科学省中央教育審議会教育課程部会委員・大阪府教育委員会教育委員をされています。

 ※講演内容の要旨は次のとおりでした。(誤りがあるかもしれません)

 1999年から始まった「学力低下問題」、今年で10年になるが、問題は解決されていない。2002年に「ゆとり教育」が始まった、これが悪影響。「ゆとり教育」で育った人達が、これから社会にでて教師になっていく。

 国際学力テストの順位、2000年はアジアの主要国で第1位であったが、年々順位は下がり、2006年には第10位となった。この10年間で留学生が減少した、日本の若者は引きこもり状態。

 小学校の英語は、中学校で英語が嫌いにならないために行われている。これは、中学校で数学が嫌いにならないために小学校で算数を習いましょうと言っているのと同じ、馬鹿げている。

 学力低下の本質は、生命力の低下、子供達の寝不足と栄養不足が原因。「早ね、早起き、朝ごはん」が最も重要。

 小学校・中学校の大規模調査でデータをとると、睡眠時間が増えると成績も良くなる。8~9時に寝る子が一番成績が良い、1時間遅くなるごとに成績が下っていく、12時を過ぎて寝る小学生・中学生は知性が崩壊する。
 昔、小学生がよく見ていた「8時だよ全員集合!」というドリフターズの番組があり、俗悪な番組と言われているが、番組の最後に加トちゃんは「歯をみがいて寝ろよ」と言っていた、教育番組であった(笑)。

 食事がまずしい(食材の種類が少ない)と、成績が悪い、朝食を食べなければ学力はおちる。子供の学力向上に最も影響が大きいのは、朝ごはんを食べること。教師が勉強を教えたり読書をすすめることよりも、朝ごはんを食べることが重要。
 テレビを2時間以上見ると学力がおちる、知能指数もにおちる。テレビを見ることが直接悪いことではない、テレビを見ることにより、睡眠不足・朝ごはん抜きになってしまう。
 日本の子供達は、先進国で最もテレビをよく見ていて、先進国で最も寝不足。

 テレビを5時間以上見ている子供達は、常にイライラしている。授業がうっとうしい、イライラする、不安な子供達が増えてい。心の教育の鍵は、学力向上。

 学校教育費の対GDP比は、先進国で最下位。

 学力低下問題は、教師が悪いわけではない。「教育費を出さない無責任な国」「きっちりしたしつけをしない無責任な親」「無責任なテレビ局」が原因。

 ※会場からの質問に対して次のように回答されました。

 家庭教育において気をつけることは?
「ゆとり教育のなかでほとんどの内容が削られたが、漢字だけは削られなかった。漢字を学ぶことによって、イメージ力もつく。百マス計算(足し算・引き算・掛け算)で2分以上かかるようでは中学校の授業についていけない。漢字と計算をやれば学力はあがる。」

 学習塾には行かすべきか?行かさないべきか?
「学校(教師)が信用できなければ、行かすべき。」「入試を学問と思うからまちがい、テクニックと思えばよい、スピードが要求される。」「私立と公立は目指すところが違う。私立は国際的な場でのリーダー育成もめざしている。私立はそういう考え方を持っているかどうか、このハードルを越えるかどうかを問うている。そのハードルを越えるためには、塾も必要」「試験は学問ではなくて、この試験をクリアする意欲があるかどうかを問うている。」

 PTA活動について、P(親)とT(教師)の関係が悪化しているのでは?
「大きな課題。キーマンは校長先生である。校長先生がP(親)とT(教師)を束ねて、方向付けをしなければいけない。T(教師)は良い授業がしたい、P(親)子供の学力をあげてほしい、これは似ているがまったく違う。良い授業が学力をあげるというのはフィクション。学力が伸びる学級と伸びない学級は、子供達のノートを見ればわかる、1ヶ月に一冊(科目によってばらつきはあるが)書いていれば成績はあがる。たくさん書けば学力はあがる。」

 早ね早起き朝ごはん、の重要性を周りに伝えるには?
「自分の子供を伸ばしてやればよい、周りがそれを見て、真似をしたり、あせってくれればよい。」

 子供が漢字を書かずに見て覚えているが良いのか?
「漢字のテストでも良い点が取れるように教師が教えることがある、良い点を取れるようなテストになっているかもしれない。日記等を書かせて、ちゃんと書けていれば大丈夫。」

 中学生の英語について
「本格的な英語を学ぶ時期をもっと早めなければいけない。」

 公文式では3学年ぐらい進んでいるが、学校の成績はそれほど良くないが?
「公文式は計算に特化しているので、もしかしたら文章題を解く力がついていない可能性がある。」

 教育委員会の委員はどのような人達がなっているのか?
「教育委員会は非常に複雑な仕組みになっている。教師も雇用関係があいまい。」

 この国(日本)に生まれて生きる意味について?
「この国に生まれて幸せですか?と問いたい。夜遅くまで勉強して良い大学に入って良い会社に入って、親になったら子供に自分よりさらに上を求めるのではないか。子供達に伝えたいのは、幸せですか?ということ。子供には幸せになる方法を教えなければ、幸せが何かわからない。」「日本は、先の総選挙で政権が交替し、やっと、批判から反省に変わってきた。」

 自分はゆとり教育で育った世代ですが、どうすれば挽回できますか?
「若い時に一生懸命生きていれば良い。この国は努力する人間を見捨てる国ではない。ゆとり世代の最大の弱点は逆境に弱いこと、それに耐えられる体力をつけてさえいればよい。自分に合う職業が無い、と言うな。自分に合う職業など無い。どんな職業でも一生懸命やれ。」

 給食に嫌なものが入っていたら残したらいい、嫌なことがあればやらなくてもいい、という逃げる教育により不登校が広まったのでは?
「昭和50年代後半に不登校が急増した。荒れていても学校に来ている方が良かった、不登校は学校に来るように呼びに行かなければならない、学級が崩壊した。」「昭和56年を境にすべてのデータが悪化していく。その頃校内暴力が大爆発していた、教師が病院送りにされた、これではだめだと学校が子供達を押さえにかかった、子供達は学校が面白くなくなった、不登校が増えた。」「また、その頃から子供達の生活環境の悪化が一気に起こった、原因は、インベーダーゲーム・ビニ本・ファミコン。」「この昭和50年代後半をしっかり見直すことが、日本再生の鍵となる。政府・学校・親、すべてが反省すること。」

 

|

« 比叡山紅葉まつり | トップページ | 日高敏隆氏死去 »

PTA・教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖塾 5:

» 中学生 勉強方法 [川村明宏のジニアススタディ]
勉強・学習効果が今までの 16倍も上がってしまう方法とは・・・!? [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 22時29分

« 比叡山紅葉まつり | トップページ | 日高敏隆氏死去 »