« ストーカー規正法 | トップページ | 奈良小1女児殺害事件 »

2009年11月20日 (金)

連続幼女誘拐殺人事件

 1988年(昭和63年)から1989年(平成元年)にかけて東京都北西部及び埼玉県南西部で発生した、幼女を対象とした一連の事件が「連続幼女誘拐殺人事件」、別名「宮崎勤事件」です。

 3歳から7歳の女児が被害者となり、犯人が5763本ものビデオテープを所有していた、遺体の一部を遺族宅に置いた等の特異性もあり、世間に衝撃を与えました。そして、保護者に対して「子どもが被害にあう強い恐怖感」を抱かせました。

 「平成」という時代を予見した事件、とも言われています。

|

« ストーカー規正法 | トップページ | 奈良小1女児殺害事件 »

防犯活動指針」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1001936/32303686

この記事へのトラックバック一覧です: 連続幼女誘拐殺人事件:

« ストーカー規正法 | トップページ | 奈良小1女児殺害事件 »