« 社員が青パト防犯パトロール | トップページ | PTAソフトボール »

2009年12月17日 (木)

大津びわこ競輪

 大津市は、12月15日に、競輪事業を廃止する場合の概算費用(約59億円)を公表しました。内訳は次のとおりです。

  市債償還金              :  5億5700万円
  車券販売システム等リース料   :  2億8900万円
  従業員の勧奨退職金       :  1億4300万円
  競輪選手等への賠償金(※1) : 24億9200万円 
  競輪施設解体費(※2)      : 23億0000万円

   ※1:競輪選手会・自転車競技会から訴えられた場合
   ※2:滋賀県から借地を更地にして返すよう求められた場合
  

 大津市の競輪事業は累積赤字が約14億円で、6年連続赤字が確実視されており、廃止に向けた本格的な議論が始まりました。大津市の年間予算2200億円のうち、競輪事業は約1割の218億円です。

 本ブログ2009年8月15・16・17日の記事を参照してください。

 

|

« 社員が青パト防犯パトロール | トップページ | PTAソフトボール »

滋賀・大津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1001936/32635365

この記事へのトラックバック一覧です: 大津びわこ競輪:

« 社員が青パト防犯パトロール | トップページ | PTAソフトボール »