« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

大津市青少年育成大会

 本日(7月31日)、大津市北部地域文化センターで開催された、『平成22年度大津市青少年育成大会(第13回 中学生広場~私の思い2010~大津市広場)』に、小学校PTA役員として参加しました。

P1020505

P1020529

P1020531

P1020521

↑大津市内の各中学校から代表の20人が、自分でテーマを選び、5分程「思い」を述べていました。

P1020526

P1020525 

↑20人が「思い」を述べた後、優秀賞を決める審査の間に、仰木中学生による『仰木太鼓』のアトラクションがありました。

 優秀賞5名には選ばれませんでしたが、私は、葛川(かつらがわ)中学校女子生徒の『私に夢をくれた村』が一番印象に残りました、要旨は次のとおりでした。
 「私は小学校一年生の時に葛川(かつらがわ)に引っ越してきました。葛川小学校は全校生徒20人以下で、みんな元気で素直です。葛川は保育園・小学校・中学校が同一の敷地内にあり、みんなが知り合いで、みんながつながっています。私は中学3年生なので、もうすぐこの村を離れなければいけません、そのことを考えると涙が出そうになります。私には、保育士になりたい、という夢があります。この夢がかなえられたら、ぜひこの村に帰り、大好きな小さな子供達の世話がしたいです。」

 その他の「思い」の要旨は次のとおりでした。
「(1)感謝の気持ちを持つことの大切さ」「(2)マスコミ・インターネット・メール・CD・DVD等が伝える手段となっているが、人と人が会って目を見ながら伝えることが大切。戦争・原爆のことを伝えなければいけない」「(3)35キロの登板遠足を励ましあいながら完歩できた感動と達成感」「(4)目標に向かって努力する大切さ。目標の積み重ねが、夢の達成となる」「(5)戦争は2度と起こさない、それが私達世代の使命」「(6)ボランティア活動に参加した、みんな、誰かの役に立ちたい、と思っている」「(7)デイサービスの職業体験をした、お年寄りだけでなく、お年寄りを介護している家族の人を助ける大切な仕事だと分かった」「(8)ドッグトレーナーになって、人の役にたちたい」「(9)生徒会活動におけるワキアイアイ(笑い・輝き・挨拶・人を愛する)」「(10)消費税の増税は一定必要である」「(11)自分の中学校だけでは活動が限られる、地域や他の中学校との助け合いが必要」「(12)小さい頃から地域の人に叱られて育った、自分が大人になったら、地域の子供を叱る大人になりたい」「(13)自分達の未来は自分達で」「(14)自分が育った村に、保育士になって帰って来たい」「(15)中学校でサッカーのクラブ活動にうちこんだ、卒業後もサッカーをしたいと親に言った、進路についての親からの質問に答えられなかった」「(16)教育は権利ではなく義務だと思っていた、しかし義務は親にあって、子供には権利があった、そのことに気付いていない」「(17)サッカーワールドカップの初戦カメルーン戦を見て日本中の人が今までと何かが違うと感じた。対戦を重ねるごとに、チームとしてのまとまりがでてきた。サッカーが、学校・地域・社会・世の中を一つのチームにしていくことができることを教えてくれた。日本中で全然知らない人達が肩を組んで一つになっていった、国境を越えても。私達も一人ひとりがそれぞれの個性を理解しチームとして活動できるようにしたい」「(18)部活動を通して、みんなと協力することの大切さを知った」「(19)働くことによって、人の役にたつことができる」「(20)茶道を通じて、千利休の言葉を知った、みんなにも知ってほしい」

 中学生達の「思い」を聞き、非常に勉強になりました。
 また、多くの中学生達が本ブログのキーワードでもある、「地域」「人」「つながり(コミュニケーション)」の大切さについて、関心を持っていることがわかりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

小学校下校時の徒歩巡廻

 当法人の定期活動は毎月2回の夜間巡廻ですが、4月から夏休み前まで、会員Sが毎週月曜日、長等小学校の下校時に約1時間ほどユニフォームを着て徒歩巡廻を行っていました。

2

 防犯活動は無理をしては続きませんので、各人が可能な時間に可能な範囲の活動を、続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

ラジオ体操

 毎年、夏休みに、町内でラジオ体操が行われます。

P1020496

↑私の所属する自治会の子供会役員さんが作成した、「ラジオ体操カード」です。小さな子供達は、スタンプをもらうのが大好きです。7月中の日曜日以外に朝7時から行われます、子供会役員さん、ご苦労さまです。

P1020497

P1020499

↑ちなみに、こちらは、小学校で配付される「ラジオ体操カード」です。

 子供達だけではなく大人も多数参加されており、顔を合わせることにより、「町内のつながり」を感じることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

7月24日 夜間巡廻

 本日、12名と警察犬で定期夜間巡廻を行いました。

220724macb109t09

↑集合時のミーティング。

220724macb109t10

↑7月になってから、写真のような違反広告物が急増しており、前回活動時に8枚除却し、本日は、24枚除却しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

嘉田知事「2期目の抱負」

 7月20日に嘉田知事が、「2期目の抱負」を語られています。

-滋賀県ホームページからの転載開始(抜粋)-

 改めて、滋賀県の持っている「地味だけれども大変大きな底力」を感じました。地域、地域の若い人、そして高齢者も含めて人の力、コミュニティの力、これは人と人をつなぐ力だと思います。

 それから、自然も「大変緻密に手入れがされた自然」、これは山の中まで含めてですね、人に近い自然というのも滋賀ならではのものだと思っております。そうした中での都会性と言うんでしょうか、そんなにネオンがギラギラの中心都市部ではないけれども都会の利便性ということも十分に担保できている、そういう意味で「ほどほどの田舎」であり「ほどほどの自然」、これは「ほどほど性」というところが滋賀の本来持っている力ではないかと思いました。

 これまではどちらかというと突出したところが関心を持たれる傾向にありましたけど、滋賀が地味だと言われてきたところのバランス、それこそ逆に、第三極としてですね、これからの滋賀の特色として売り出していけるのではないかと思っております。そういう意味で、そのほどほどの自然、ほどほどの人の力をきちんと活かさないと「もったいない」という意味で、潜在的な力にまず気づく、そしてそれを磨く、そして発信をするというその一連の成長に対して改めて今回、潜在力を感じました。

 つまり、個人としては「社会人」として成長し、社会貢献をしながら満足度の高い人生を歩み、地域としては人と人がつながりながらこれまで社会関係資本と言ってきたような、人と人のつながり、これを強くしていく、コミュニティの力など。

 そのための県政運営ですけれども、まず「新しい公共」という言い方をされておりますが、自治体、そしてNPO、企業などがそれぞれの持てる力を社会参加をすることによって公の事業を担っていただくという「新しい公共」を積極的に進めるということによって、「プロセス」への参加、行政の「プロセス」への参加、それが結果として「近い県政」につながっていくんだろうと思っております。

 こういう中で、私自身は、「社会成長」というのをひとつのこれからのキーワードにできると思っております。

-転載終了-

 NPO法人は知事認可の元に活動しており、当法人も6月に平成21年度の活動報告及び平成22年度の活動予定等を知事宛に提出しました。
 上記の知事の抱負に、本ブログのキーワードである「地域」「人」「つながり(コミュニケーション)」が、非常に近いと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

7月10日 夜間巡廻

 本日、12名と警察犬で、定期夜間巡廻活動を行いました。

 午後10時前にJR大津京駅に集合していると、階段から降りてきた女性から「私は、いつも大津京駅から、皇子が丘一丁目の皇子が丘幼稚園の前を通って帰宅していますが、先週最終電車で帰宅途中に皇子が丘幼稚園の近くで、駐車場に待ち伏せしていた男に突然肩をつかまれ、首をしめられそうになった」との情報がありました。
 また、会員さんより、「京阪皇子山駅から国道161号線周辺に、違反広告物が増えている」との情報もありました。

P1020418

↑本日は、まず、皇子が丘幼稚園周辺を巡廻しました。

P1020421

↑桜野町一丁目を通り大津京駅に戻りました。

 その後、皇子山交番で情報を収集し、皇子山交番から京阪皇子山駅にかけての違反広告物の除去作業を行いました。

P1020423

P1020424

P1020427

↑違反広告物:8枚の除却を行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »