« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月17日 (水)

「びわ湖温泉 紅葉」閉館

「びわ湖温泉 ホテル紅葉」が、平成25年1月末で閉館されることが決まったようです。「ホテル紅葉」前は夜間巡回ルートの一つで、地域の会合でも何度か利用させてもらいました。

大型施設の閉館や企業の倒産の情報を聞くたびに、雇用(失業)問題が気になります。

大津市は、平成24年10月末で700人規模の退職者が見込まれる「ルネサス関西セミコンダクタ滋賀工場」に続き、「ホテル紅葉」の退職者約200人に対しても、離職者支援対策本部を設置することを決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

10月13日 夜間巡回

 本日、6名と警察犬で定期夜間巡回を行いました。

 

 市役所前の四面グラウンド横を巡回していると、皇子山陸上競技場前に照明と自家発電機が見えたので、前を通ると消防団の方が訓練をされており、お互いに「ご苦労さま!!」と声を掛け合いました。

↓消防団の訓練

Dsc_0726_640x480

↓警察犬ミンナ号と警察犬指導員さん

Dsc_0731_640x480

 また、本日午前11時からジャスコ西大津店前で、大津警察署・皇子山交番・大津市防犯協会・西大津防犯で防犯啓発活動を行い、西大津防犯からは理事長Sと会員Mが参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

いじめ問題10

田中眞紀子文部科学大臣の10月1日記者会見議事録が文部科学省のホームページにアップされました。以下は、いじめに関する抜粋です。

記者)
 いじめの関連なんですけれども、文科省は先月、いじめの総合的な取組方針という形で、国の関与を強化するような形でですね、ほかにも外部の有識者を活用するですとか、そういう方針を打ち出したんですけれど、それの評価と大臣がいじめ対策としてやるべきと思われることを、お答えいただければ。

大臣)
 今、おっしゃったように、今日私、朝刊で見たんですけれど、飛行機の中で。11人のアドバイザーの名前が挙がっていて、そういう方たちの、有識者の意見を聞くということですから、そういう制度が前任者の下で発足したのであれば、私も参加して、意見を聞いてみたいというふうに思いますけれど、この役所に限らず、諮問委員会とかですね、委員会を作るのも一つのメリットですが、それで全て解決するわけではなくて、もっと複合的なものだと思いますね。大人だっていじめがあるわけですしね。過去にもあったでしょうし。さらにまたあるでしょうし。だから、分析も大事なんだけれども、そうじゃなくて、基本的には、自分が自信を持つ人間をつくる。家庭内で、いろんないざこざがあるかもしれない、お友達と会っても、自分に自信があったらば、あんまり人との関わり方もそう陰湿にならないかもしれないですよね。違う人なんだなあと思えば済むわけだし、そういう発想のできる人づくりをするといいんですよ。そのために何かっていうことを、どういうことを経験させるのが、どういうことを見ることがいいのか、そういうことを専門家達から、教え・意見を聞いたらいいと思いますよ。個々のケースはこうだから、あれはこれが原因なんですよと言ったからといって、そうクリエイティブではないと思いますけどね。きいてみます。

※ 1年前の10月11日に大津市の中学校で出来事が発生しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

iPS細胞ノーベル賞受賞

山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。
以下は、10月8日の田中眞紀子文部科学大臣の談話です。

 

 京都大学山中伸弥教授が、本年のノーベル生理学・医学賞を受賞されましたことに心から敬意を表します。
 今回の受賞は、山中教授の「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」というほぼ無限に増殖する能力とあらゆる組織や臓器の細胞になりうる多能性を持った幹細胞の樹立に、世界で初めての成功した研究業績が高く評価されたものです。
 山中教授には、昨日7日に京都大学iPS細胞研究所を視察し、最新の研究成果について御説明を頂いたところです。
 山中教授の研究は、日進月歩で進んでおり、若手研究者が目を輝かせて仕事に打ち込んでおり、非常に感銘を受けました。
 この研究が更に発展し、一日も早く再生医療や創薬に貢献することを期待しています。
 今回の受賞は、我が国の研究水準の高さを世界に示すとともに、国民全体にとって大きな励みと誇りを与えるものです。
 この受賞を契機に、文部科学省としても、国際的にも注目される重要な研究に対し重点支援を行うとともに、研究環境の整備充実や若手研究者の育成など、研究支援を一層充実していく所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

大津祭

Dsc_0688_640x480
Dsc_0689_640x480
Dsc_0694_640x480

Dsc_0699_640x480

Dsc_0702_640x480

Dsc_0692_640x480

Dsc_0720_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »