« 原発事故を考える本 | トップページ | 5月11日 夜間巡回 »

2013年4月28日 (日)

大震災を考える本

福島で生まれ福島に暮らす芥川賞作家、玄侑宗久(げんゆう そうきゅう)氏の震災前後の対談集「中途半端もありがたい」、広く深い対談集です。

P1020398


P1020399


玄侑宗久氏が、今から800年前に書かれた鴨長明の「方丈記」から学んだ「無常という力 ~方丈記に学ぶ心の在り方~」。

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず・・・。

自然災害が多いこの国では住む所は、方丈(3メートル四方、5畳)でよい・・・。

示唆に富む本です。

P1020400

P1020401


|

« 原発事故を考える本 | トップページ | 5月11日 夜間巡回 »

減災・防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1001936/51325055

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災を考える本:

« 原発事故を考える本 | トップページ | 5月11日 夜間巡回 »