« 4月13日 夜間巡回 | トップページ | 大震災を考える本 »

2013年4月27日 (土)

原発事故を考える本

まんが界の巨星、萩尾望都(はぎお もと)氏が東日本大震災後数か月で描き上げた「なのはな」。放射性物質で汚染された土壌をきれいにするために、なのはなや麦を植えている、植物が土をきれいにしてくれる、という話をモチーフに描いています。

その他に、放射性物質を擬人化した、「プルート夫人(プルトニウム)」「雨の夜(ウラン)」「サロメ20××(プルトニウム)」も収録。

P1020396


P1020397

|

« 4月13日 夜間巡回 | トップページ | 大震災を考える本 »

減災・防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1001936/51324905

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故を考える本:

« 4月13日 夜間巡回 | トップページ | 大震災を考える本 »